女性の多くが抱く風俗嬢のお仕事への不安

コンドームが6個

手っ取り早くたくさん稼げる仕事として、最近風俗に就く女性が増えているようです。風俗専用の求人のサイトなどで募集をすると、条件のいいお店ではすぐに定員がいっぱいになるところも少なくないといいます。

でもその反面、風俗で働いたことのない女性にとっては応募したくても「ある点」が心配でどうしても踏み切れないということもあるでしょう。

その「ある点」とは「風俗では”本番”しなきゃいけないんでしょ」という不安です。しかしご安心を。たくさんある風俗の中で本番行為があるのは「ソープランド」だけです。

それも法律では本番行為が禁じられていますから、「個室に入った男女が中で何をしているかは店側は与り知らない」というのが建前になっています。

つまり、ソープランドでも一応本番は「やっていない」ことになっているのです。したがって、その他の風俗サービスではオプションでさえにも本番は入っていません。

もちろんお店に内緒で本番するのもNGです。お店が本番を許可したりお店に内緒で本番をしたりすると、売春防止法を違反することになり営業できなくなってしまいます。

本番で得られる利益と引き換えに営業を停止されたり最悪の場合営業できなくなってしまうようなリスクを冒すはずはありませんから、安心して仕事ができますよ。

ただ男性客の中には本番を要求する人も少なくありません。「お店に内緒にしておけばいいじゃないか」「余分にお金を払うから」そんな甘い言葉で誘うケースも多いのですが、もしお店にバレるとクビになってしまいます。

「本番は禁止されているから」「本番するとお店をクビになってしまう」といえば大抵のお客さんは納得してくれるはずです。

それでも諦めない場合は、お店に相談すればいいでしょう。風俗では本番はNGということはわかってもらえたかと思いますが、もしOKというお店があればそこは「悪質」なところかもしれないのですぐに辞めることをおススメします。